note

宣伝会議賞と原点

4年前。会社を辞めると決めた年、
初めて宣伝会議賞にチャレンジした。
独立するのに自信となるものや活動資金が欲しかった、、
という若干よこしま?な気持ちもあり
望んでみたものの
当然甘くはなく、一次通過することもなかった。

ちなみに昨年はラジオCMの部門に挑戦してみたら
賞にはつながらなかったがSKAT.15の掲載にはつながった。
ただ自分が思っていたほうの内容が選ばれていなかったことが
またそれはそれで何とも言えず面白い。

あぁ、なぜこんなことを思い出したかというと
宣伝会議賞の応募期間だからというのもあるが
この時期は会社を辞める決心がついた季節でもある。

そんななか、この9月から11月にかけて
自分が独立する前に感じたことや考えたことなど
取材というかたちで振り返る大切な時間もいただいた。

あの場だから生まれた言葉もあったと振り返りながら
あの場を作り上げてくれた皆さん、また記事の公開までに
いろいろとご対応いただけたこと本当にありがとうございました。

ひとつひとつ積み重ねて
動き出している4年目の今だからこそ
あのときの思いを大切に。

さて、お腹もすいてきたことだし、
大切な日常と新鮮な明日を迎えれるよう、今晩もひと眠り–––。

16.11.6  鈴木暁久

kansha

 


2016-11-06 | Posted in note | No Comments »
Comment





Comment



CAPTCHA