note

AI、IoT、ロボット。もやもやをそのままに。

1年前、妙に記憶に残ったエピソードがあり
ロボットという存在を
現実の世界でより意識するようになった。

どちらかと言えば非エンジニアの自分だが
AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)に
以前と比べて関心を持つようになり
AIに関してのイベントなど参加するようになった。

さて、
人工知能を持ったロボットという存在について
記憶に残ったエピソードの話だが
例えば誰かの特徴を解析してプログラミングすれば
その人と似た(この場合は特徴や動き?)ロボットを作ることが
出来る時代まで来ているという内容だった。(と思う)

自身の記憶の中で、まとめているので確かではないけど
そこからの話が忘れられない。

こどもを亡くした夫婦が、こどもの動画や動きを見せて
ロボットへプログラミングしてもらえば
そのこどもの特徴をつかんだ動きをするというものだった。
ちなみに、そのとき頭に浮かんだエピソードは
あの有名な鉄腕アトムだが、
我が子に似たロボットに愛情が生まれることで
もし、強盗が入り
そのロボットを壊そうとした時、
ロボットを守って父親が強盗を刺したとなると−−−−−。

そして、もし自分が裁判員だったら。

 

AIBO※でもそうだが
自分とコミュニケーションがとれればとれる程、
また成長するロボットの姿を見ると情が湧く。

※1999年にソニーから発売された犬型ロボット、
修理のサポートは終了しているが、
AIBOの治療を求める人も多く
今もAIBOの治療は有志の活動によって行われている(記憶や記事より)

最近、メディアやCMなどでよく目にする
かわいらしいロボット達。
今から何年後、一家に一台、
家族の一員となるロボットが登場する可能性があること、
ワクワクする気持ちと同時に不安な気持ちも押し寄せる。

こどもの頃に思い描いていたイメージとは
違うイメージで、
今は可能性と課題を同時に考えるようになったんだなぁと
小さなこどもがSiriに話しかけ、
その反応に楽しむ様子を見て
微笑ましい感じと申し訳なさを感じた日。


2017-09-12 | Posted in note | No Comments »
Comment





Comment



CAPTCHA